作曲:町田紀彦
作詞:町田紀彦

 

君と夏の終わり 将来の夢 大きな希望 忘れない
きみとなつのおわり しょうらいのゆめ おおきなきぼう わすれない


10年後の8月 また出会えるのを 信じて
じゅうねんごのはちがつ またであえるのを しんじて


最高の思い出を…
さいこうのおもいでを…

 

 

出会いは ふっとした 瞬間 帰り道の交差点で
であいは ふっとした しゅんかん かえりみちのこうさてんで


声をかけてくれたね "一緒に帰ろう"
こえをかけてくれたね "いっしょにかえろう"


僕は 照れくさそうに カバンで顔を隠しながら
ぼくは てれくさそうに カバンでかおをかくしながら


本当は とても とても 嬉しかったよ
ほんとうは とても とても うれししかったよ

 

 

あぁ 花火が夜空 きれいに咲いて ちょっとセツナク
あぁ はなびがよぞら きれいにさいて ちょっとせつなく


あぁ 風が時間とともに 流れる
あぁ かぜがじかんとともに ながれる

 

嬉しくって  楽しくって  冒険も いろいろしたね
うれしくって  たのしくって  ぼうけんも いろいろしたね


二人の 秘密の 基地の中
ふたりの ひみつの きちのなか

 

 

君と夏の終わり 将来の夢 大きな希望 忘れない
きみとなつのおわり しょうらいのゆめ おおきなきぼう わすれない

10年後の8月 また出会えるのを 信じて
じゅうねんごのはちがつ またであえるのを しんじて


君が最後まで 心から "ありがとう"叫んでたこと 知ってたよ
きみがさいごまで こころから "ありがとう"さけんでたこと しってたよ


涙をこらえて 笑顔でさようなら せつないよね
なみだをこらえて えがおでさようなら せつないよね

最高の思い出を…
さいこうのおもいでを…

 

 

あぁ 夏休みも あと少しで 終わっちゃうから
あぁ なつやすみも あとすこしで おわっちゃうから


あぁ 太陽と月 仲良くして
あぁ たいようとつき なかよくして

悲しくって 寂しくって 喧嘩も いろいろしたね
かなしくって さびしくって けんかも いろいろしたね


二人の 秘密の 基地の中
ふたりの ひみつの きちのなか

 

 

君が最後まで 心から "ありがとう" 叫んでたこと 知ってたよ
きみがさいごまで こころから "ありがとう" さけんでたこと しってたよ


涙をこらえて 笑顔でさようなら せつないよね
なみだをこらえて えがおでさようなら せつないよね


最高の思い出を…
さいこうのおもいでを…

 

 

突然の 転校で どうしようもなく
とつぜんの てんこうで どうしようもなく


手紙 書くよ 電話もするよ 忘れないでね 僕のことを
てがみ かくよ でんわもするよ わすれないでね ぼくのことを

いつまでも 二人の 基地の中
いつまでも ふたりの きちのなか

 

 

君と夏の終わり ずっと話して 夕日を見てから星を眺め
きみとなつのおわり ずっとはなして ゆうひをみてからほしをながめ


君の頬を 流れた涙は ずっと忘れない
きみのほおを ながれたなみだは ずっとわすれない


君が最後まで 大きく手を振ってくれたこと きっと忘れない
きみがさいごまで おおきくてをふってくれたこと きっとわすれない


だから こうして 夢の中で ずっと永遠に…
だから こうして ゆめのなかで ずっとえいえんに…

 


君と夏の終わり 将来の夢 大きな希望 忘れない
きみとなつのおわり しょうらいのゆめ おおきなきぼう わすれない


10年後の8月 また出会えるのを 信じて
じゅうねんごのはちがつ またであえるのを しんじて


君が最後まで 心から "ありがとう" 叫んでたこと 知ってたよ
きみがさいごまで こころから "ありがとう"さけんでたこと しってたよ


涙をこらえて 笑顔でさようなら せつないよね
なみだをこらえて えがおでさようなら せつないよね

 

最高の思い出を…
さいこうのおもいでを…


最高の思い出を…
さいこうのおもいでを…

 

 

 

    全站熱搜

    張小顥 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()